メディアコレクション

2019-06-27

ZFによるWABCO社の買収を株主が承認

ドイツ・フリードリヒスハーフェン発;乗用車、商用車および産業機器向けのモビリティシステム・サプライヤーであるZF Friedrichshafen AG(以下、ZF)は、WABCO社(NYSE: WBC)のZFによる買収に関し、WABCO社の株主から承認を得られたことを発表しました。

詳細を表示
ZFによるWABCO社の買収を株主が承認

2019年6月27日に行われた株主による投票において、自己株式を除く発行済株式所有者の68.44%が、本年3月にZFとWABCO社間で結ばれた合意に賛成票を投じました。規制当局の承認およびその他の慣習的な買収条件を満たした後、ZFは同社の全発行済み株式を現金で、1株当たり136.50ドルで取得する契約です。

ZFのウォルフ=へニング・シャイダーCEOは以下の様に述べています:「WABCO社の株主がこの重要な計画を承認したことで、我々の事業戦略は前進して行きます。ZFはWABCOと共に、お客さま、従業員そして株主のみなさんに対し、長期的な価値と安全を提供する商用車向け統合システムサプライヤーを形成します。WABCO経営陣と協力し、商用車用の効率、安全、自動化およびコネクテッド分野における、将来に向けた技術とサービスを開発していきます。」

手続きの完了は2020年初旬に予定しています。手続き完了後は、公開市場においてWABCO社の普通株の取引きを行うことはできません。WABCO社統合に向けて、お客さまへの対応および日常業務のスムーズな遂行を最優先に進めています。

手続きは規制当局の承認およびその他の慣習的な買収条件を満たした後、終了します。ZFは、2020年初頭の完了を見込んでいます。両社のキャッシュフロープロファイルによりZFは、買収終了後における財務レバレッジの大幅な削減を見込んでいます。

お問合せ

岡部志帆(Shiho Okabe)

コーポレート・コミュニケーション

JapanPresse.TKY@zf.com