プレスセンター

メディアコレクション

2019/04/04

ZF、前年を上回る売上高を記録 次世代モビリティソリューションに投資

  • 2018 年の売上高は 369 億ユーロ(前年度 364 億ユーロ)で、約 6%の 実質成長率を達成
  • 調整後 EBIT は 21 億ユーロ(前年度 23 億ユーロ)
  • 新システムへの研究開発支出および投資をさらに拡大
  • 強化型エレクトリックオートマチックトランスミッションで ZF 史上最大の受注
  • WABCO 社の買収計画が「Next Generation Mobility(次世代のモビリティ)グループ」戦略の重要な一歩に

ドイツ、 フリードリヒスハーフェン発; ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社(以 下、ZF)は、2018会計年度の業績を発表しました。売上高はさらに拡大を遂げ、 ZFグループでは約6%増加し、369億ユーロ(為替とM&Aによる影響の調整後)と なりました(前年度364億ユーロ)。調整後EBITは21億ユーロ(前年度23億ユー ロ)、調整後EBITマージンは5.6%(前年度6.4%)でした。2018年末時点の世界全 体のZF社員数は148,969人(前年度146,148人)となりました。ZFでは、「Next Generation Mobility(次世代のモビリティ)」戦略を掲げて、人々に安全でクリー ンなモビリティを手ごろな価格で提供するというビジョンを追求しています。

詳細を表示
ZF、前年を上回る売上高を記録 次世代モビリティソリューションに投資

今週、本社で行われた年次業績報告の席で ZF の CEO、ウォルフ=ヘニング・ シャイダーは、「ZF は、お客様に次世代モビリティを実現する確かなシステムソ リューションを提供するべく、目まぐるしく変化するモビリティ業界を牽引していま す。当社の業績は、未来への挑戦に向けて ZF が優位に立っていることを示し ています」と語りました。テクノロジーリーダーであり続けるため、ZF は 2018 年 の研究開発費を 11%増額しました。会計方法の変更による調整後の研究開発 支出は合計 25 億ユーロ(前年度 22 億ユーロ)となりました。これは総売上高の 6.7%に相当します。

モビリティと輸送サービスに注力

目覚ましい成長を遂げている「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)/輸送関連 サービス(Transport as a Service:Taas)」分野では、ZF は e.GO People Mover などの新しいモビリティ製品を生み出しています。将来は自動運転機能が搭載 される予定のこの電動小型バスには今秋にドイツのアーヘンとフリードリヒス ハーフェンで最初の試験車両が走行する予定です。また数週間前、ZF は、オラ ンダの自律型電動旅客輸送システムのサプライヤー、2getthere(トゥー・ゲット・ ゼア)社の過半数の株式を取得したことを発表しました。シャイダーCEO は、 「2getthere 社は、自律型旅客輸送市場での 30 年以上の事業経験とともに、ユ ニークなエンジニアリングおよびソフトウェアのノウハウを持っており、今回の投資は ZF にとって重要な一歩」としています。2getthere 社の無人搬送車は完全 電動で信頼性と収益性が高く、これまで世界中の多くの主要な都市、港、空港 で 1,400 万人以上に利用されています。

ハイブリッドトランスミッションによる長期的成功

ZF は、新しいモビリティソリューションだけでなく、乗用車向け 8 速オートマチッ クトランスミッションなど実績のある製品を、電動化を主眼にさらなる開発を進め ています。今週、ZF は BMW 社とハイブリッドモデルを含む強化型 8 速オートマ チックトランスミッションの供給契約を締結しました。この長期契約は ZF 史上最 大となるオートマチックトランスミッションの受注で、今後の個人向けモビリティに おいて、ハイブリッドテクノロジーがいかに重要かを示しています。

電動化の分野では、ZF の乗用車向け電動セントラルドライブも、今年、車両 メーカー向けに生産が開始されます。さらに、需要の高い路線バス向けの ZF 電動ポータルアクスルは市場ですでに高く評価されており、複数のバスメーカー から新たに受注しています。シャイダーCEO は、「ZF は、ヨーロッパで電動バス に市場性を与えました」と語っています。

WABCO 社買収計画で商用車部門を強化

さらに今年、ZF は、WABCO 社買収という重要な一歩を踏み出しました。シャイ ダーCEO は、「この買収計画は当社の戦略の一環であり、商用車向けブレーキ への参入に向けて当社の競争力を拡大してくれるでしょう。これによって、乗客 や貨物輸送用の安全で自動化された包括的なシステムソリューションをお客様 に提供できます」と説明します。先週、ZF は WABCO 社を 1 株当たり 136.5 米ド ルで買収することを発表しました。これは総額約 70 億米ドルに相当します。 WABCO 社は、トラック、バス、トレーラーの安全性、効率、コネクティビティ向上 に貢献するブレーキコントロールシステム、技術およびサービスを提供する世界 的なサプライヤーです。買収手続きは来年初頭に完了する予定で、この買収に よって、乗用車市場周期への依存度が長期的に低減すると見込まれます。 WABCO 社は世界に約 16,000 人の社員を有し、昨年の売上高は 32 億ユーロ を記録しています。

構造改革による迅速化

より迅速かつより直接的に多様な市場要件に対応するため、ZF ではデュアル オペレーティングシステムを導入しました。これにより、さまざまな速度および組 織モデルへの対応が可能になります。このプロセスの一環として、これまでのア クティブ&パッシブ・セーフティ・テクノロジー事業部は、パッシブ・セーフティ・シ ステムズ、アクティブ・セーフティ・システムズ、エレクトロニクスおよび先進運転 支援システム(ADAS)の 3 事業部に分割されます。それぞれの事業部に、シス テムおよびプロジェクトセンターが新設置され、自動運転や E モビリティなどの 事業部横断的な案件を推進していきます。シャイダーCEO は、「この新しい構造とプロセスによって当社の階層と複雑さが簡素化され、より迅速かつより適切 に、お客様に対応できるようになります」と述べています。

堅実な経済発展

2018 年度は 369 億ユーロ(前年度 364 億ユーロ)を達成し、ZF の同年度売上 予測の 365 億ユーロを超えました。前年と比較すると、名目上 1.3%増となりま す。為替や M&A の影響を調整した売上高の実質成長率は約 6%で、市場平均 を上回っています。商用車テクノロジー部門およびインダストリアルテクノロジー 部門はそれぞれ 12%と 13%の伸びを見せ、特に平均の実質売上高成長率を超 える結果を残しました。

調整後 EBIT は、研究開発費の増大、資材価格、為替変動、市場環境の悪化 の影響を大きく受け、21 億ユーロ(前年度 23 億ユーロ)にとどまりました。調整 後 EBIT マージンは 5.6%、企業買収と売上高による調整後のフリーキャッシュフ ローは 9 億ユーロでした。

TRW 社買収による負債も引き続き縮小しています。ZF の最高財務責任者 (CFO)、コンスタンチン・ザウアー博士は、「会計年度末には、負債総額が 14 億ユーロ減少して 50 億ユーロとなり、当社の経済的自立はさらに強化されまし た。自己資本比率は 28%と、ZF の経済基盤は強固です」と語っています。2017 年末時点の自己資本比率は 24%でした。

社員数は微増

2018 年 12 月 31 日時点の全世界の ZF 社員数は 148,969 人(前年度 146,148 人)でした。主に北米、アジア太平洋地域において、特に自動運転と E モビリ ティ分野の拡大によって社員数が増加しました。このうち 17,000 人以上が研究 開発に従事しています。

市場環境は引き続き緊迫

多くの国で政治と経済成長の不透明な状況が続く中、排ガス規制に関する新し い法的枠組みが設置され、市場環境は世界的に緊迫した困難なものになって います。為替が一定であるという前提のもとに市場の成長予測を考慮して、ZF は、2019 年のグループ売上高を 370 億~380 億ユーロと見込んでいます。企 業買収と売上高の調整後 EBIT マージンについては 5.0%~5.5%、調整後フリー キャッシュフローは約 10 億ユーロを目指します。シャイダーCEO は次のように 述べています。「ZF は、その幅広い製品ポートフォリオ、自動車業界のトレンド をつくる技術力、そしてネットワークにより、お客様にとって魅力的なシステムサ プライヤーであるとともに、次世代のモビリティへの道筋を開拓していきます。」

主要数値

ZFグループ連結売上高 369億ユーロ(2018年) 364億ユーロ(2017年)

社員数(全世界) 148,969人(2018年) 146,148人(2017年)

EBIT(調整後) 21億ユーロ(2018年) 23億ユーロ(2017年)

EBITマージン(調整後) 5.6%(2018年) 6.4%(2017年)

研究開発費 25億ユーロ(2018年) 22億ユーロ(2017年)

固定資産投資 16億ユーロ(2018年) 14億ユーロ(2017年)

自己資本比率 28%(2018年) 24%(2017年)

フリーキャッシュフロー(調整後) 8.91億ユーロ(2018年) 18億ユーロ(2017年)

ヨーロッパの売上高 174億ユーロ(2018年) 174億ユーロ(2017年)

– そのうちドイツ 74億ユーロ(2018年) 77億ユーロ(2017年)

北米の売上高 103億ユーロ(2018年) 100億ユーロ(2017年)

南米の売上高 10億ユーロ(2018年) 11億ユーロ(2017年)

アジア太平洋の売上高 80億ユーロ(2018年) 78億ユーロ(2017年)

– そのうち中国 62億ユーロ(2018年) 59億ユーロ(2017年)

アフリカの売上高 2.33億ユーロ(2018年) 1.99億ユーロ(2017年)

お問合せ

Andreas Veil

Commercial and Financial Communication

+49 7541 77-7925

andreas.veil@zf.com

Thomas Wenzel

Director Global Corporate Communications

+49 7541 77-2543

thomas.wenzel@zf.com