プレスセンター
2021-09-21

ZF、歴史的なS5-325スポーツトランスミッションを DB5ジェームズボンドカーのために復刻生産

  • 自動車サプライヤーのZFは、アストンマーティン・ラゴンダより復刻生産を受注
  • 最新技術を用いて5速マニュアルトランスミッションを生産
  • 最重要消耗部品及びトランスミッションのオーバーホールと修理は、公道走行可能な幅広い仕様で展開

ドイツ、フリードリヒスハーフェン発;ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社(以下、ZF)とアストンマーティンは1950年代から非常にうまく協力してきました。 英国のスポーツカーメーカーは、世界的に事業展開しているテクノロジー企業の最も古い顧客の1つです。 当時ZFは、DB5に搭載するS5-325、5速マニュアルスポーツトランスミッションを生産していました。 60年近くを経て、アストンマーティン・ラゴンダのために、ZFトラディションはこのトランスミッションを再現しました。限定生産された25台のオリジナル「ゴールドフィンガー」DB5には、ジェームズボンドガジェット(秘密兵器)が装備されています。車両は、コレクターからの事前発注とチャリティー向けに生産されました。

詳細を表示
ZF、歴史的なS5-325スポーツトランスミッションを DB5ジェームズボンドカーのために復刻生産

おそらく世界で最も有名な映画史に残る名車であるシルバーのアストンマーティンDB5をほとんどの人は知っています。アストンマーティン・ラゴンダは、本物のフィルムカーを限定復刻生産するために、歴史的なS5-325スポーツトランスミッションの再生産をZFに依頼しました。 280の全部品の生産には最新技術を駆使しました。ギアシフトドームは、プルゼニのZF工場で3Dプリントを使って生産されました。特別な映画用ガジェットとして、シフトレバーには射出座席をシミュレートするためのケーブルを通すために、2ミリの穴が開けられる変更が加えられました。 またシフトノブには、押しボタンをカバーするための、開くことができるフラップが備わっています。

S5-325は、スポーツドライバーの間で非常に人気があり、当時も数多くのスーパースポーツカーに搭載されていました。5つの前進ギアはすべてロックシンクロメッシュ式のため、経験の浅いドライバーでも、ギアシフトの際にダブルクラッチの必要がなく、すばやく安全で静かにギアチェンジを行えます。 ギア比に応じて、最大400ニュートンメートルのトルクを許容します。

ZF-Synchromaトランスミッションは、5つの前進ギアと1つの後進ギアから成ります。全ての前進ギアにはZFロックシンクロナイザーが組み込まれています。リバースギアのみがスライディングギア式の機能を備えています。前進ギアのギアペアは常に噛み合っています。各ギアの内の1つがシャフトにしっかりと固定され、他のギアはローラーベアリングにより自由に回転できます。シフトプロセス中、ギアはかみ合い式クラッチのスライドスリーブをシフトすることでシャフトに結合され、駆動力は対応するギアペアを介した流れとなります。ドッグスリーブは飛び出さないように設計されています。 リバースギアでは、中間にあるリバースアイドルギアのシフトにより、出力の回転方向が変わります。ロック機能により、確実に1つのギアのみが噛み合う状態になっています。スピードメーターを接続することが可能です。ギアとシャフトは合金ステンレス鋼でできており、焼き入れにより表面硬化しています。ギアは強化ベアリングにより回転します。ねじ歯車、研磨歯面、および高精度製造により、トランスミッションの静粛性が担保されます。最も重要な消耗部品、およびトランスミッションのオーバーホールと修理は、さまざまな公道走行可能な仕様で展開されます。ご要望に応じて、パーツの再生産にも対応できます。

お問合せ

後藤紀子(Noriko Goto)

コーポレート・コミュニケーション

JapanPresse.TKY@zf.com