2018-09-19

ZF、英国と米国のバスを電動化 ゼロエミッションでの都市走行を可能に

  • ロンドンの超低排出ガスゾーン(ULEZ)向け ZF 製電動ドライブアスクル
  • 31 台の局所的ゼロエミッションダブルデッカーバスが、ZF の電動ポータルアスクル
  • を搭載
  • 米国の複数の都市からも受注

フリードリヒスハーフェン発 – ZFが開発を進めてきた「AxTrax AVE」電動ポータルアクス ルが2つの市場で成功を収めています。英国ではロンドンの赤いダブルデッカーバスにこ の技術が搭載され、電気のみを動力として市内を走行します。英国のオプテア(Optare) 社製のこの電動バスは、世界で最も厳しい排ガス規制に対応しています。また米国では、 有力な都市バスメーカーのニュー・フライヤー・オブ・アメリカ社(New Flyer of America, Inc.)とのパートナーシップが成功を収めています。ZFの「AxTrax AVE」電動ポータルアク スルを装備した「Xcelsior CHARGE」シリーズのバス100台を、米国の複数都市の輸送機 関から受注しました。

詳細を表示
ZF、英国と米国のバスを電動化 ゼロエミッションでの都市走行を可能に

ZF の商用車事業部の責任者であるフレドリック・シュテッドラー(Fredrik Staedtler)は次の ように述べています。「ZF は、大都市の最も厳しい排ガス規制をクリアする純電気駆動シス テムを提供しています。『AxTrax AVE』ドライブアクスルは、完成車メーカーや市当局にとっ て、都市交通のゼロエミッション化を推進し、魅力的なモビリティを提供する理想的なソ リューションです。私はロンドンと米国の大都市圏が ZF をパートナーとして選択していただ いたことを大変嬉しく思います。」

公共交通機関をクリーンに

ほとんどの大都市と同様に、英国の首都ロンドンも大気汚染に悩まされています。公共交 通機関は大気汚染の解消において重要な役割を果たします。ロンドンの公共交通行政機 関であるロンドン交通局(TfL)は、全面的に e モビリティに注力しています。オプテア社が製 造するバスの主軸である「Metrodecker EV」は、この e モビリティに最も重点を置いていま す。「AxTrax AVE」を搭載した新型バス 31 台には、ZF のゼロ・ローカルエミッションのパワ フルで静かな駆動システムが装備されます。ロンドンは 2037 年までに市内中心部のバス をすべて電動化する予定で、この市場にはさらに大きな可能性があります。

ZF とバスメーカーのニュー・フライヤー・オブ・アメリカ社は、20 年以上にわたりパワフルで 効率の高いバスを製造するために協力してきました。今回、米国で新規受注に至った成果 は、エレクトロモビリティの時代において、両社のコラボレーションによるメリットが評価された事を示しています。2020 年までに「Xcelsior CHARGETM」シリーズの合計 100 台のバ スが、米国の複数の公共交通機関に納入される予定です。納入先には、ロサンゼルス郡 都市圏交通局、シアトルのキング郡メトロトランジット、ボストンのマサチューセッツ湾輸送 機関、ミネアポリスのメトロトランジットが含まれています。

効率性の高さと豊富な実績

AxTrax AVE は、2012 年に発売されて以来、世界中で採用されています。電動ドライブア クスルは、燃料電池、またはバッテリーからの電力で駆動できるだけでなく、両者を組み合 わせたハイブリッド構成も可能です。フラットなデザインのため、完成車メーカーはインテリ アの設計に大きな自由度が得られます。また、ZF はシステムサプライヤーとして適切な ハードウェアとソフトウェアを提供することで、駆動系システムのパフォーマンス、効率、およ びサービスライフサイクルを最適化することができます。

お問合せ

Frank Discher

Technology and Product Communications

+49 7541-77 960770

frank.discher@zf.com

Robert Buchmeier

Head of Technology and Product Communications

+49 7541 77-2488

robert.buchmeier@zf.com