2018-06-27

ZF、取締役会メンバーの変更を発表

  • ピーター・レイク取締役会メンバーが契約期間満了に伴い退任
  • 同氏の担当するコーポレートマーケット部門は、新しく設立された「セールス」部門に移行
  • 人事担当のユルゲン・ホレスカ取締役会メンバーは辞任

ドイツ、フリードリヒスハーフェン発 - ZFフリードリヒスハーフェンAG(CEO: ウォルフ=ヘニング・シャイダー、以下、ZF)は本日、コーポレートマーケット 担当のピーター・レイクおよび人事担当のユルゲン・ホレクサの両名が、9月 30日付で取締役会メンバーを退任する事を発表しました。

詳細を表示
ZF、取締役会メンバーの変更を発表

ピーター・レイク取締役は、2015年5月のZFによるTRW社の買収後にセール スおよびマーケット担当の責任者として取締役会メンバーに就任しました。 英国生まれで米国籍を持つ同氏は、ZFとTRWの統合に大きく貢献しました。 特に、アジアパシフィック地域における事業運営の方向性の再定義と、グロ ーバルな販売組織の再編に手腕を発揮しました。3年契約の満了に伴うレイ ク取締役の退任後は、ZFのコーポレートマーケット部門の業務は複数の取 締役および新たに統合されたセールス部門に改めて振り分けられ、シャイダ ーCEOに直接レポートします。

「ピーター・レイクは、6万人を超えるTRWの代表として、同社とZFとの統合に 多大なる貢献を果たしてくれました。また、販売および経営全般のプロとし て、ZFのセールス&マーケット部門および各地域の事業運営全般にも力を 尽くしてくれました。当社の株主、監査役会および取締役会は、彼の功績に 感謝します」と、ヨセフ・ペフゲン監査役会会長はコメントしています。

同氏は、ルーカス・インダストリー社、ルーカス・ヴァリティ社およびTRWでセ ールスを含む数多くの部門で要職を歴任。TRWのコーポレートデベロップメ ントおよびセールス部門の責任者を経て、ZFの取締役に就任しました。

ユルゲン・ホレクサ取締役は辞任

7年にわたるZFへの貢献の後、ユルゲン・ホレクサ取締役は9月30日付で職 を辞し、別のキャリアに進むことを選択しました。

ホレスカ取締役は、2011年7月1日付でZFの取締役会メンバーに任命され、 人事部門を統括する一方、2013年から2015年にはアジアパシフィック地域 の責任者も務めました。

この間、TRWの買収および統合に大いなる手腕を発揮しました。ペフゲン監 査役会会長は、同氏の決断を尊重し以下の様に述べています。「当社の株 主、監査役会および取締役会は、彼のZFへの多大なる貢献に感謝していま す。数多くの成功や受賞が証明しているように、彼のリーダーシップの下で ZFの人事は国際化と質の向上が達成されました。アジアパシフィック地域、 および役員会におけるガバナンスに関する部門の設立は、ここ数年におけ るZFグループの発展には欠く事のできないものでした。同氏の今後の活躍 に期待します。なお、後任に関しては、別途発表する予定です。」

お問合せ

Thomas Wenzel

Director Global Corporate Communications

+49 7541 77-2543

thomas.wenzel@zf.com

Christoph Horn

Head of Corporate Communications

+49 7541 77-2705

christoph.horn@zf.com