2018-01-05

ZF の AI コントロールボックスが、バイドゥ(百度)の自動駐車システ ムに採用

  • バイドゥの新しい自動駐車システムに ZF ProAI が活用
  • 停車場所から駐車場へ、および駐車場からの自動運転が可能
  • 中国の大手カーシェアリング企業 Pand Auto 社の車両に搭載

ドイツ・フリードリヒスハーフェン/カリフォルニア州サニーベール発;ZF フリー ドリヒスハーフェン社(以下 ZF)と中国の百度社(バイドゥ:Baidu、以下、百 度)は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表します。両社 の戦略的提携による最初の成果であるこのシステムは、ZF がアメリカの半導体メー カーNVIDIA 社と共同で開発した車載 AI、ProAI を活用しています。この新しいテ クノロジーは、カーシェアリング企業である Pand Auto 社(以下、Pand Auto)の 電気自動車に搭載され、デモンストレーションが行われています。

詳細を表示
ZF の AI コントロールボックスが、バイドゥ(百度)の自動駐車システ ムに採用

2017 年秋、ZF と百度は中国市場における自動運転技術の開発を目的とした戦略的 提携関係を結びました。それから四か月が経過して、自動運転用コンピュータであ る ZF ProAI を活用した最初のアプリケーションが開発されました。このシステム は、例えばホテルの玄関口などで運転者が降車し、人間がステアリングやペダル等 の操作をする事なしに自律走行でパーキングスペースに移動・駐車する事をサポー トします。また、駐車場から出庫し、運転者や乗員の乗車場所までの移動も自動で 行う事が可能です。ドライバーが行う全ての思考を代行する ZF のインテリジェン トコントロールボックスを活用する事で可能になったこの機能は、スマートフォン のアプリを使って操作します。同システムでは、車載センサーと car-to-x コミュニ ケーションから得られたデータを分析し、必要な指示がステアリングやブレーキシ ステムなどのアクチュエータに送られるしくみです。この自動駐車システムは、中 国最大のカーシェアリング企業の一社である Pand Auto 社のテスト車両に搭載され ました。

「昨年の CES2017 で発表した NVIDIA 社との提携から一年、ZF ProAI の生産体制 が整いました。百度とのプロジェクトによって、当社の AI 技術が自動運転の進歩を 加速させるとともに、モビリティ業界への新規参入企業による革新的なサービスの 提供を容易にさせるものだという事を証明しています」と、ZF のアドバンスエンジ ニアリング責任者のトーステン・ゴレウスキーは語っています。

百度のインテリジェント・ドライビング・グループのゼネラルマネージャーZhenyu Li 氏は以下の様に付け加えました;「高精細マップのリアルタイムでの処理など、 膨大なデータを扱う事の出来る ZF のコンピュータシステムは我々の自動運転アプ リケーションに理想的です。また、人工知能やディープラーニングとも組み合わ せ、現状、自動車に求められている機能全てに対応できます。」

この自動駐車システムは、自動車メーカーおよびモビリティ業界から求められてい る機能です。当プロジェクトは、カーシェアリング企業の運営コストを大幅に削減 しながら、顧客の利便性向上も実現する事を第一の目標としています。このシステ ムを搭載した Pand Auto 社のテスト用電気自動車は、CES2018 に先立ち、本日カ リフォルニア州シリコンバレー中心地で開催されているイベントで初公開されてい ます。

お問合せ

Thomas Wenzel

Director Global Corporate Communications

+49 7541 77-2543

thomas.wenzel@zf.com

Robert Buchmeier

Head of Technology and Product Communications

+49 7541 77-2488

robert.buchmeier@zf.com