プレスセンター
Japanese
言語
Deutsch
Pусский
Český
Slovenský
  • スタート
  • データベース(日本)
  • プレスデータベース (EN)
  • 概要
  • プレス購読
  • お問い合わせ
2021-06-30

ZF、データとAIの活用でADAS分野の検証と認証を加速

  • 新サービス「ADAS.ai」はADASの市場投入のコストと時間を大幅に削減
  • ZFとコグナタ社(Cognata)は共同で新サービスをグローバル・モビリティ・プロバイダーに提供
  • シミュレーションではなく実路走行データを使用してADASの検証を支援

米国、ミシガン州リボニア/イスラエル、レホヴォト発;ZFグループは、先進運転支援システム(ADAS)のバーチャル・エンジニアリングおよびデジタル検証向けに、データとAIに基づくスケーラブルな新サービス「ADAS.ai」を発表しました。ADAS.ai は、自動車メーカーの乗用車/商用車向けADASの開発スピードを加速させます。また、ZFのADAS.aiは、ZFだけでなく、他のティア1サプライヤーが開発したADASでも使用することができます。

詳細を表示
ZF、データとAIの活用でADAS分野の検証と認証を加速

ADAS.aiは以下の2つの画期的な技術に基づいています。1つ目は、超高解像度マルチセンサーと同期し、レベル2 + のADASをグローバルに検証するために必要とされるすべてのシナリオで走行して収集されたデータセット、2つ目は、この超高解像度のデータセットを、新しい車両アプリケーションのセンサーで「実際に見たような」センサー入力に変換するAIテクノロジーで、これはイスラエル、レホヴォトのコグナタ社が独自に開発したものです。

実路走行に基づくレベル2+のシナリオ

クラウドベースのADAS.aiには、物理的なテストドライブと既存のシミュレーション技術に基づく従来型のエンジニアリングや検証と比較して、コスト面と品質面に大きなメリットがあります。 実路走行から得たデータに基づくレベル2 +のシナリオは、「仮想」または「フルセンサー」モードのいずれかで、設計および検証段階の複数のポイントで活用され、設計および検証プロセスを劇的に加速させ効率を向上させます。

ZFでエレクトロニクスおよびADAS事業部を担当するエグゼクティブバイスプレジデントのクリストフ・マーナットは次のように述べています。「私たちは、お客様や規制機関が何を求めているかを理解しているので、エンドツーエンドのアプローチで実路走行のデータを使用します。このアプローチにおいては、自動車メーカーは、信頼性の高い設計や検証のための多くのテストドライバーも何百万ドルの投資も必要ありません。私たちは、実路走行データを使用し、現実世界と仮想世界の様相を統合しています」。そして、以下のように続けます。「自動車メーカーは、最初のプロトタイプが作られる前にデジタル上で完全に検証されることを求めており、ZFはこれを実現することができます。そして、ZFは、すべてのTier 1サプライヤーでADAS分野の完全なバーチャル・エンジニアリングを可能にすることを構想しています」。ZF のADASのバーチャル・エンジニアリングおよびデジタル検証向けサービス「ADAS.ai」は、それに係る時間とコストを最大20%削減することができます。

ZFとコグナタ社が現実世界と仮想世界を統合

ZFのADAS.aiには、自動運転およびADAS向けAIアプリケーションのリーダーであるコグナタ社独自のアルゴリズムが組み込まれています。コグナタ社のCEOであるDanny Atsmon 氏は以下のように説明します。「当社のAIにより、ZFのADAS.aiで、実路走行データをレベル2+までのADAS技術を搭載したすべての既存および新しい車両に転送し、仮想空間で検証を行うことが可能になります。わたしたちは、これをリアルからリアルへの変換と呼んでいます」。

世界最大のフロントカメラメーカーであるZFは、ADASのハードウェアおよびソフトウェア技術、自動車メーカー独自の検証、および国際基準に準拠する必要なドキュメント作成に豊富な経験があります。ZFは、この経験を充実したバックエンド機能や高度なAIと融合させ、ADASの市場投入までの方法を変える、効果的かつ迅速なプロセスをつくりだします。

マーナットは以下のように述べます。「私たちが優先するのは、現在と将来のADAS技術の安全性と信頼性です。わたしたちのエンジニアリングおよび検証サービスはこれを反映し、シミュレーションではなく、世界中で数十万マイルを走行した現実世界の運転データをベースにしています。 ZFは、ADASを実際の車両に搭載するために何が必要かを理解しているのです」。

お問合せ

岡部志帆(Shiho Okabe)

コーポレート・コミュニケーション

JapanPresse.TKY@zf.com