2020-03-09

未来の建設ソリューション : ZFのインテリジェント・システム– 効率化、クリーン、安全、コネクテッド

  • 効率性 – 高性能、低燃費
  • 電動化 – ゼロエミッション、パフォーマンス最大化
  • スマート施工 – 高い安全性とインテリジェント・コネクティビティ

建設業界には、建設現場から出る細塵、排出ガス、騒音が環境や住民に与える影響など、さまざまな問題が山積しています。同時に業界は、電動モビリティ、デジタル化、アシスタンス・システムといったマクロトレンドを通じた大きな変化に直面しようとしています。ZFは、ラスベガスで開催された建設機器見本市「CONEXPO」にて、ドライブラインやシャシ技術、ならびにインテリジェント・システム・ソリューションのスペシャリストとして、上記のような将来の課題を克服する上で理想的なパートナーであることを示しました。

詳細を表示
未来の建設ソリューション : ZFのインテリジェント・システム– 効率化、クリーン、安全、コネクテッド

CONEXPO 2020で披露するZFのインテリジェントで革新的なシステムソリューション

今年のCONEXPOでZFが披露するのは、建設機械向けの進歩的なソリューションで、「Efficiency(効率性)」「Electrification(電動化)」「Smart Construction(スマート施工)」に焦点を当てています(図01)。

ZFはあらゆる車両クラスと技術レベルに対応し、オーダーメイドで効率的なドライブソリューションを提供しています。この「ベスト・チョイス」戦略の取り組みを通じて、各顧客と市場の需要に最適なソリューションを提供しています(図02)。

生産性と効率性を向上させるためには、電動化もまた重要な役割を果たします。ZFは「ビジョン・ゼロ」という目標を掲げ、排ガス、交通事故、技術的欠陥のないモビリティの世界を目指しています。

また、ZFは安全性とコネクティビティに重点を置いたスマート施工技術を提案します。これを通じて、ZFは多様なエンジニアリング能力を持つテクノロジー・リーダーとしての技術力を提示します。

効率化、クリーン、安全、コネクテッド:これこそが、現在の建設業界が直面している難題へのZFグループの答えです。

お問合せ

岡部志帆(Shiho Okabe)

コーポレート・コミュニケーション

JapanPresse.TKY@zf.com