2018-02-28

ZF、東京都交通局に採用されるフルフラットバスに リヤアクスルとトランスミッションを供給

  • 低ノイズ、メンテナンス性の高さ、乗降のしやすさによる運航の円滑 化などメリットの多い低床バス向けリヤアクスル「AV133」
  • 変速性能、ノイズ、燃費効率等の性能に優れた「EcoLife」6 速オート マチック・トランスミッション
  • バス事業者の事業効率と乗客の安全性・快適性向上に貢献

ZF ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市中区;代表取締役社長:中根 義浩)は本日、東京都交通局が 2018 年に導入を開始するフルフラットバス に同社の大型バス用リヤアクスルとトランスミッションが採用されたことを発 表しました。

詳細を表示
ZF、東京都交通局に採用されるフルフラットバスに リヤアクスルとトランスミッションを供給

東京都は、都営の路線バスにフロアの段差がなく利用者の安全に貢献する フルフラットバスの運行を予定しています。フルフラットバスは、ノンステップ バスにある通路部の段差を無くし、高齢者も含めすべての乗客が後方まで 移動しやすくなるため、前方での混雑緩和によるスムーズな乗降やラッシュ 時の快適性向上にもメリットがあります。

採用が決まったフルフラットバスに採用される ZF の大型バス向け低床リヤ アクスル「AV133」は、低ノイズ、メンテナンス性の高さ、乗降のしやすさによ る運行の円滑化など路線バス事業者にとっても多くのメリットがあります。ま た、大型バス向け 6 速オートマチック・トランスミッション「EcoLife(エコライ フ)」も同車両に採用されることが決まりました。EcoLife は変速性能、ノイ ズ、燃費効率、メンテ期間等の運行コスト等の性能に優れています。

EcoLifeオートマチック・トランスミッションは7タイプを取り揃えています。対応 入力トルクは1,000~2,300Nm(ニュートンメートル)で、車体総重量32トンま でのバスに効率的かつパワフルな駆動力を提供します。 ZFは、2007年から EcoLifeオートマチック・トランスミッションを生産しており、先代機種である Ecomat(エコマット)の生産と並行して市場に投入され、世界市場で大きな 実績を残しています。

大型商用車向けのドライブラインおよびシャシ・テクノロジーの東京都による 採用について、ゼット・エフ・ジャパン株式会社の中根義浩代表取締役社長 は次のように語っています;

「ZF は、一般に乗用車向けの駆動系、シャシー関連および高度運転支援シ ステム(ADAS)などで知られていますが、大型車両向けの製品も海外では多くの商用車メーカーに採用頂いています。今回、当社の技術が日本のお 客様の安全性と効率の向上に貢献できることを、非常にうれしく感じていま す。今後も ZF は、安全、効率、自動運転を柱として、日本をはじめとする世 界各国の自動車メーカーのニーズに応えるソリューションの提供に努力して いきます。」