画像

写真 : ZF

a)トラックは、一両ずつ個別に走行させることもできますし、あるいは、

同一ルート上を隊列を組んでプラトーニング走行させることも可能です。 b) トラックがプラトーニング(隊列)走行中の場合、ドライバーのリアク ションタイムを考慮しなくてもよいため、隊列の中の車間距離は 8 メートルまでに大幅に削減されています。後続のトラックは、先導車両と同時 にブレーキングやステアリング操作を行います。

c) トラックの車間距離が短いため、後続車両が受ける空気抵抗も弱まり、燃料消費量を最大 20%削減します。

ダウンロードすると、あなたはそれを認識して受け入れる 利用規約 ZF Friedrichshafen AGの